オンプレミスでのDDoS対策 ~DDoS対策装置導入~

DDoS攻撃対策として、オンプレミスでDDoS対策装置を導入する場合、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。

 

スポンサーリンク
 

防御方法

DDoS攻撃を検知すると、動的なルーティング設定で強制的にDDoS対策装置を経由させて不正パケットをブロックし、残りの通信のみサーバ側に流入させる仕組み。

 

制約

自前でセキュリティ監視センター(SOC)を持ってない場合は、監視をSOCに依頼する必要がある。

 

メリット・デメリット

○オンプレミスで設置するため、柔軟なカスタマイズが可能
○設定変更までのリードタイムが不要
×機器構築や保守・運用が発生する
×センタへのアクセス回線を超える攻撃は防げない

 

サービスベンダ

Arbor

 

スポンサーリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です