ラズパイ3にRaspbianをインストールしてみた

Raspberry Pi3(ラズパイ3)が手元に届いたので、さっそくOSのインストールから始めてみようと思います。ラズパイではMicroSDカードがOSのインストール先になるので、先にパソコンでOSをダウンロードし、MicroSDカードに保存したうえでラズパイにセットして、ラズパイの電源をオンします。
 

スポンサーリンク
 

1.MicroSDカードをフォーマット

まずはMicroSDカードをフォーマットします。ラズパイのファイルシステムはFAT32なので、以下のように[ドライブツール]→[管理]からFAT32でクイックフォーマットしました。


 

2.OSを入手

次にインストールするOSを入手する必要があります。ラズパイでの標準的なOSは「Raspbian」で、今回はこちらを使います。

OSのダウンロードページ(https://www.raspberrypi.org/downloads/)を見てみると「NOOBS」と「RASPBIAN」があります。


 

調べてみると、NOOBSはOSインストーラになっていて、ラスパイにセットし起動すると、自動的にRaspbianのインストールを誘導してくれる初心者向けツールのようです。

RASPBIANの方はOSイメージそのままで、ダウンロード後にMicroSDカードにLinux系のddコマンドか、Windowsであればddコマンドを代替するツール(DD for Windowsなど)で書き込む必要があるようです。

私は完全に初心者のため、今回は「NOOBS」を使おうと思います。
上記のページでNOOBSを選択すると、次のページで「NOOBS」と「NOOBS Lite」が表示されました。


 

こちらも説明を読んでみると、NOOBS=オフラインインストーラ、NOOBS Lite=オンラインインストーラのようです。
今回はこちらも簡単な「NOOBS」の方を選択し、「Download Zip」からダウンロードしました。容量は約1.3GBです。こちらを解凍してMicroSDカードに格納します。格納は解凍した各種ファイルがMicroSDカードのルートディレクトリに配置されるようにします。これでOSの準備完了、のはずです。
 

3.ラズパイを起動しOSをインストール

次にラズパイ3にMicroSDカード、無線キーボード/マウスのUSBドングル、HDMIケーブル、USB電源ケーブルを接続します。電源ボタンはないので、電源を接続する勝手に起動します。LEDは赤:電源、緑:ディスクアクセスのようです。


 

起動すると下のような画面が出てくるので、Raspbian with PIXELを選択。また言語設定を日本語に設定してインストールを実行します。


 

下のような警告が出てきますが、OKを押してそのまま続行。


 

しばらくするとインストールが成功しました、と表示されますのでOKをクリック。


 

その後、自動的にログインしてデスクトップが表示されました。


 

次は、コチラで初期設定や日本語化を行っていきます。
 

スポンサーリンク

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください