一定時間ごとにコマンドを自動実行・保存するTeraTermマクロ

ネットワーク機器で一定時間ごとにリソースやログを取得したいケースがありますが、手作業は非常に面倒です。この場合、TeraTermマクロを使えば、一定時間ごとにコマンドの自動実行が可能になります。

スポンサーリンク
 

TeraTermマクロ

以下のマクロをメモ帳にコピーし、基本情報の箇所を書き換えて、ttl形式で保存してください。以下はCisco IOSで60秒おきにCPU使用率を取得するマクロです。

;基本情報====================
ADDR = ‘192.168.0.1’
USER = ‘user’
PASS = ‘pass’
LOGPATH = ‘C:\log\’
CMD_NOMORE = ‘ter len 0’
CMD_CLOCK = ‘sh clock’
CMD_CPU = ‘sh process cpu history’

;コマンド作成=================
COMMAND = ADDR
strconcat COMMAND ‘:22 /ssh /2 /auth=password /user=’
strconcat COMMAND USER
strconcat COMMAND ‘ /passwd=’
strconcat COMMAND PASS

;ログファイル作成===============
getdate LOG_NAME ‘%Y%m%d_%H%M%S_&h.log’
FULLPATH = LOGPATH
strconcat FULLPATH LOG_NAME

;サーバへ接続=================
connect COMMAND

;ログ保存開始=================
logopen FULLPATH 1 1

;コンソールのMore表示OFF=========
pause 5
sendln CMD_NOMORE

;60秒おきにコマンド実行確認========
while 1
sendln CMD_CLOCK
sendln CMD_CPU
pause 60
endwhile

;マクロ終了===================
end

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です