BlueCoat ProxySGでFTPを使用しないで全AccessLogを取得する方法

BlueCoatのProxySGはセキュアプロキシとしてインターネット接続環境に良く導入されていますが、FTP等でログ転送していないケースでアクセスログを全量取得する方法が分からなかったので、調べてみました。
 

スポンサーリンク
 

WebUIのURLから直接取得する方法

以下のProxySGのWebUIに接続し、対象ログをクリックして任意の場所に保存する。

https://x.x.x.x:8082/Accesslog/directory 

 

もし「Log object not ready for upload」というエラーが出力する場合、現在ProxySGが書き込み中のログのため、ローテ―トさせる必要がある。

ProxySG#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CTRL-Z.

ProxySG#(config)access-log
ProxySG#(config access-log)
ProxySG#(config access-log)edit log main
→上記ではmainのログを指定している。
ProxySG#(config log main)commands cancel-upload
ProxySG#(config log main)commands close-connection
ProxySG#(config log main)commands rotate-remote-log

なお、ProxySGのリスタートでも自動的にログローテートが実施されるので面倒な方はコチラでも。

 

WebUIのStatisticsから取得する方法

WebUIにて、以下の箇所をクリックしてログを表示し、右クリック→保存をする。

Statistics→Advanced→Acess log→Show all access logs→main
→上記ではmainのログを指定している。

エラーが表示される場合、1つ目の方法同様、現在ProxySGが書き込み中のログのため、
ローテ―トさせる必要がある。

参考ページはこちら。
http://bluecoat.force.com/knowledgebase/articles/Solution/HowdoIdownloadthecurrentcompleteAccessLog
http://bluecoat.force.com/knowledgebase/articles/Solution/HowdoyoudownloadtheaccesslogwithoutusingFTP

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です