Raspberry PiでNode.jsを使えるようにする

今後のラズパイ用のアプリ開発で使用する言語ですが、最終的にはラズパイとAWS IoTを接続させてみたいため、AWS IoTでSDKが公開されているJavaScriptを使おうと思っています。

そのために今回はNode.jsの環境を作ります。準備にはコチラのサイトを参考にさせていただきました。

 

スポンサーリンク
 

1. Node.jsのバージョン確認

ラズパイにもデフォルトでNode.jsが入っていました。
しかしながら、以下のように古いバージョンのようなので、最新版に更新します。

$ node -v
v0.10.29

 

2. nvmのインストール

まずNode.jsのバージョン管理ツールであるnvmをインストールします。

Node.jsはバージョンアップが頻繁に行われるため互換性の確認が必要で、Node.jsのバージョン変更を行う際にnvmがあると非常に簡単にできるそうです。

以下のコマンドでインストールし、パスを通します。

$ git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
$ source ~/.nvm/nvm.sh

ちなみにパス設定はターミナル起動ごとに実行する必要があるので面倒であれば、.bash_profileへの追記が必要です。
 

3. Node.jsのインストール

次にnvmでNode.jsのインストールをします。

まず以下のコマンドでインストールできるNode.jsのバージョンを確認します。

$ nvm ls-remote

 

「Latest LTS」と表示されるのが最新の安定版になります。
今回はv6.10.3をインストールしました。

$ nvm install 6.10.3
$ node -v
→v6.10.3と表示されればOK

 

最後にデフォルトのNode.jsを今回インストールしたバージョンに指定します。

$ nvm alias default v6.10.3

 

これでNode.jsを使う準備が整いました。

 

スポンサーリンク

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.