wiringPiの使い方

RaspberryPiのGPIOをコントロールするためには通常ファイル操作が必要になりますが、「wiringPi」というツールを使えば、ファイル操作を意識せず、コマンドでGPIOの操作ができるようになります。また、各種プログラム言語のモジュールも準備されているため、プログラムの中に組み込むことも可能です。
 

スポンサーリンク
 

wiringPiのインストール

まずwiringPiインストールの前にソースを取得するためのgitコマンドのインストールを行います。

$ sudo apt-get install git-core

 

次にgitコマンドでwiringPiのソースを取得し、最新化します。

$ git clone git://git.drogon.net/wiringPi
$ cd wiringPi
$ git pull origin

 

ビルド&インストールを行います。

$ ./build

 

以下コマンドでバージョンと説明が表示されればインストール成功です。

$ gpio -v
$ gpio readall

 

wiringPiの使い方

GPIOの操作コマンドです。上が従来のファイル操作の場合、下がwiringPiを使用した場合です。なお、コマンドはGPIO02を使用する場合を想定しています。

1. 使用するGPIOを宣言し、出力に指定
[ファイル操作]

# echo 2 > /sys/class/gpio/export
# echo out > /sys/class/gpio/gpio2/direction

[wiringPi]

$ gpio -g mode 2 out

 

2. 出力をON(LED点灯)
[ファイル操作]

# echo 1 > /sys/class/gpio/gpio2/value

[wiringPi]

$ gpio -g write 2 1

 

3. 出力をOFF(LED消灯)
[ファイル操作]

# echo 0 > /sys/class/gpio/gpio2/value

[wiringPi]

$ gpio -g write 2 0

 

4. GPIOを開放
[ファイル操作]

# echo 2 > /sys/class/gpio/unexport

[wiringPi]

$ gpio -g mode 2 down

 

■参考URL
https://projects.drogon.net/raspberry-pi/wiringpi/download-and-install/
https://projects.drogon.net/raspberry-pi/wiringpi/the-gpio-utility/
 

■こちらの記事も併せてお読みください!
RaspberryPi&Node.jsでLチカしてみる
 

スポンサーリンク

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です