Office365で多要素認証を有効にする

Office365にログインする際に多要素認証を行いたい場合、通常はAzureADの条件付きアクセスを利用します。しかしながら、条件付きアクセスはAzureADのPremiumライセンスが必要になります。
そこで今回は、Office365に付随するAzure AD for Office365で多要素認証を行う方法を紹介します。

スポンサーリンク

1. AzureADの管理ポータルにログイン

以下URLからAzureの管理ポータルにログインします。ログインアカウントはOffice365の管理者アカウントを使用します。
https://portal.azure.com/#blade/Microsoft_AAD_IAM/ActiveDirectoryMenuBlade/Overview
 

2. セキュリティの既定値群の有効化

テナント概要ページの[プロパティ]から一番下の[キュリティの既定値群の管理]をクリックします。

 

[セキュリティの既定値群の有効化]を[はい]に設定します。

 

これで設定完了です。次回ログイン時にMFAの設定画面が表示されます。

なお、本設定でその他のセキュリティ機能も有効化されます。
詳細は下記をご参照ください。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/fundamentals/concept-fundamentals-security-defaults

スポンサーリンク
 

コメント