SSHログイン(証明書形式)のTeraTermマクロ

ネットワーク機器やサーバを維持作業する際にいちいちTeraTermを立ち上げてSSH接続するのが面倒なケースがあります。そこで、SSHログインを自動で行いログ取得してくれるTeraTermマクロをいつも使っています。こちらは証明書にも対応しているのでAWSのインスタンス管理にも便利です。

スポンサーリンク

TeraTermマクロ

以下のマクロをメモ帳にコピーし、基本情報の箇所を書き換えて、ttl形式で保存してください。

;基本情報====================
ADDR = ‘192.168.0.1’
USER = ‘user’
KEY = ‘C:\pem\key.pem’
LOGPATH = ‘C:\log\’
;=========================

;コマンド作成=================
COMMAND = ADDR
strconcat COMMAND ‘:22 /ssh /2 /auth=publickey /user=’
strconcat COMMAND USER
strconcat COMMAND ‘ /passwd=’
strconcat COMMAND ”
strconcat COMMAND ‘ /keyfile=’
strconcat COMMAND KEY

;ログファイル作成===============
getdate LOG_NAME ‘%Y%m%d_%H%M%S_&h.log’
FULLPATH = LOGPATH
strconcat FULLPATH LOG_NAME

;サーバへ接続=================
connect COMMAND

;ログ保存開始=================
logopen FULLPATH 1 1

;マクロ終了===================
end

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください