Wiresharkでのキャプチャファイルのマージ方法

tshark.exeなどでキャプチャファイルを分割して取得した際、シーケンス調査のためにマージする必要があるケースがあります。tshark.exeやmergecap.exeでも可能ですが、Wiresharkで簡単にできる方法を紹介します。

スポンサーリンク

まず、Wiresharkを開き、マージしたい複数のファイルを選択して、Wiresharkの画面上にドラッグ&ドロップすると、マージされた状態で開きます。

その後、メニューバーの[File]→[Export Specified Packets…]を選択、Packet Rangeで「All packets」・「Displayed」が選択されていることを確認して保存すると、マージされた状態で保存されます。

ちなみに、デスクトップ等にショートカットがあれば、Wiresharkを開かずにショートカットにドラッグ&ドロップする方法でも開くことが可能です。

 

スポンサーリンク

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください